a

アフィリエイトサイトの構成を決めよう!

サイト作成の準備編
  1. 独自ドメインとは?ドメインの取得方法
  2. サーバーとは?サーバー設定方法
  3. サイト構成を決めよう! ⇚ 今回の記事はここ
  4. サイトを作るにはどうすればいいの?

  WordPressとは?使い方や、おすすめテーマなど

  サイト作成ツールSIRIUS(シリウス)について

今回は、サイト構成について説明していきます。

サイト構成の種類について

僕の運営しているKMCという会員制コミュニティでは、色んな手法のアフィリエイト方法を教えているのですが、大きく分けて2つのサイト構成をおすすめしています。

1つ目は、イオン型の大型サイトで、もう1つはSEO型のサイトになります。

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

大型サイトの特徴

大型サイトは、長期的に稼ぐサイトを作る目的でお伝えしています。

また初心者の方は、この大型サイトを作りながらWordPressの使い方など、サイト作りの基礎を学ぶと良いでしょう。

その過程で、Googleが提供しているSearch Console(サーチコンソール)という無料ツールを使い、検索クエリ(キーワード)を拾うことで、ライバルが少ないキーワードや、キーワードの調査(どのキーワードがどの程度検索されているかなどを調べること)をすると、今後のアフィリエイトが非常にスムーズです。

イオン型の大型サイトとは?

大型サイトのことをイオン型サイトと伝えていますが、みなさんはイオンモールをご存知でしょうか?大きなデパートのようなところで、ファミリーを対象に店作りを行っています。

あなたがこれから大型サイトを作ろうと考えたら、このイオンと同じ様に対象を決めることで非常にスムーズにジャンルを決定することができます。

これはファミリー向けのサイトを作りましょうと伝えているのではなく、あなたは誰を対象にしたイオンを作成しますか?ということを伝えています。

この部分で迷う方が本当に多いのですが、自分自身を対象にしてみると結構上手くいきます。

貴方は悩んでいることはありませんか?お金のこと、見た目のこと、精神的なこと、なかなか人には言えないこと、悩みは誰にでもあります。

あなたの悩みをコンテンツにすることで、あなたと同じように悩んでいる人の役に立つコンテンツが誕生します。

あなたと同じことを悩んでいる人は、この日本に何人いることでしょう?また自分が悩んでいることですから、それを解決した経験などがあれば更にポイントは高いでしょう。

ダイエットの成功体験、できなかったことが◯◯をしたらできるようになった経験など非常に良いコンテンツになる可能性があります。

SEOサイトの特徴

一方のSEOサイトは、ペラサイト(1ページ~10ページほど)から、中規模サイト(30ページ〜50ページほど)を作ると良いでしょう。

基本的には外部リンクによるSEOが必要になります。

SEOは中古ドメインの投資などもどうしても必要になります。特に初心者の方は、まずは大型サイトを作りながらサイトづくりの基礎を学ぶとよいでしょう。

稼いでいる方は、今稼いでいるからこそ大型サイトに投資しましょう。

色々な手法でリスク分散することが大切です。アフィリエイトは踏み台です。

今の自分に満足することなく色々なことを勉強しましょう。全て外注で作ることだってできます。

大型サイトの作り方

1.対象を決めてジャンルを決めましょう

イオン型の大型サイトの説明に書いた対象を決めて、こちらのテキスト「アフィリエイトするジャンル・商品の選び方」を参考にしながらジャンルを決めましょう。

または、こちらも参考になると思います。A8の画面のスクリーンショットです。A8に登録している人は、確認してみてください。

2.サイト名を決めましょう

自分のサイトに『名前』をつけると良いです。ブランド化するのです。

例えば、『脱毛調査隊』とか『FXガール』など(実在しているかは調べていません。)・・・。

ブランド化すると、Googleからある程度認知されると、次の画像のようになります。

これは1つのSEOのサインにもなるし、認知が広がるきっかけにもなります。(これは意図的に出している訳ではないので、質問でいただいても残念ながらお答えできません><)

ブランド名を入れると他のサイトと差別化をすることができますね!

そして、ブランド名からドメインを決めると良いです。ドメイン取得の際は、日本語でもアルファベットでもどちらでも問題ありません。

ご自身で決めましょう!!

3.メインワードを決めましょう

メインワードは、ビッグキーワードが良いです。

例えばキャッシングだったら、『お金借りる』『カードローン』『キャッシング』などがそうです。

そのキーワードで上位表示するかどうかは別として、なるべく範囲が広い言葉を狙うとそれだけコンテンツが書きやすいです。

例に出した、脱毛調査隊だと『脱毛 口コミ』、FXガール『FX 女性』がメインワードになります。

ちなみにKMCでは、会員の方限定でサイトを公開して更に詳しく説明しています。

ご興味がある方は、こちらをご覧ください。