a

見出しタグ(hタグ)のつけ方とは?

見出しタグとは?

見出しタグとは、『本』で例えると目次のことで、サイトやブログでは、その名の通り「見出し」になります。

見出しタグはh1~h6までの6種類あり、hタグとも呼ばれています。

HTMLにすると、こんな感じです。

HTML
<h1>サイトタイトル・記事タイトル</h1>
<h2>大見出し</h2>
<h3>中見出し</h3>
<h4>小見出し</h4>
<h5>小小見出し<h/5>
<h6>小小小見出し</h6>

見出しタグを使うときの注意点

h1タグの使い方

h1タグは、サイトのタイトルや記事のタイトルで使いますので1記事につき1回しか使いません。

と言っても、ワードプレスだと記事タイトルが自動的にh1タグになっているので普段は使わないと覚えていただいたら大丈夫です。

h2~h6の使い方

普段、記事を書いていくときにはh2~h6を使います。

ワードプレスのテーマによっては、綺麗なサイトやブログを作るためにあらかじめhタグのデザインが決まっています。

例えば、このサイトだとこんなデザインになっています。

 
 h2タグを使った見出し
 
 h3タグを使った見出し

このデザインが気に入っているからという理由で好きに順番を変えることは出来ません。

OKな例のHTML
<h2>ひらがな</h2>
<h3>あ行</h3>
<h3>か行</h3>
<h2>カタカナ</h2>
<h3>ア行</h3>
<h3>カ行</h3>
NGな例のHTML
<h4>ひラがナ<h4>
<h2>あ行</h2>
<h3>あいうえお</h3>
<h2>か行</h2>
<h3>かきくけこ</h3>

このNGの例のように、いきなりh4から始めることはNGです。

h2~h6は、何度使っても大丈夫でが、先ほど説明したように順番は守りましょう!

見出しタグはSEOに効果的?

見出しタグを使って記事を書くことで、記事を読んでいるユーザーだけでなく、検索エンジンのロボットにも「このサイトは読みやすいようにまとめられているな」と判断される材料の1つにもなっています。

そのため、h1タグが1回以上出てくるとユーザーも検索エンジンのロボットも「このサイトのテーマは何?」と混乱してしまったり、h2~h6の順番がバラバラだと「一体どの順番で読めば良いんだろう」と、本来伝えたいことが伝わらなくなってしまいますので、ルールを守って記事を書きましょう(^^)