a

コンテンツ(記事)の書き方

ここでは、コンテンツ(記事)の書き方についてお伝えします。

キーワードを決めて、タイトルを決めて、その後にコンテンツ(記事)を書くという流れになります。

したがって、コンテンツ(記事)を書き始める前に、キーワードは決まっているか?タイトルを決めているか?を確認しましょう。

まだ、キーワードやタイトルを決めていない方は、先にこちらの記事を読んで決めてください。

コンテンツ(記事)の書き方

その1:専門性

もし、あなたが八百屋さんを運営しているとします。どんな商品を取り扱いますか?考えてみてください。

例えば、「にんじん」「大根」「ピーマン」「じゃがいも」「玉ねぎ」などの野菜を取り扱うと思います。

逆に、「洗剤」や「テレビ」は取り扱いませんよね?

これ、当たり前の話なのですが、ことアフィリエイトとなると、売りたい商品とズレた文章を書く人が非常にたくさんいます。

既にコンテンツを書いている人は、今一度、見直してみてください。これからコンテンツを書く人は専門性に注意して書いてみてください。

その2:網羅性

コンテンツ(記事)の書き方は人それぞれですが、特に初心者の方は『網羅性』を重視してコンテンツ(記事)を作成するようにしてください。

『網羅性』とは
あるキーワードで記事を作成しようとした時、ライバルサイトを研究して、全てのトピックを自分のサイトでも取り上げることです。(または不要なものは取り除くことです。)

具体的なやり方

  • STEP.1
    検索をします
    先に決めておいたキーワードを検索します。
  • STEP.2
    見出しを抜き出します
    1位~10位までのサイトを1つずつ開いて、見出しを抜き出します。

     

    見出しとは、本の目次のようなもので、この記事を例にすると「コンテンツ(記事)の書き方」や「その1:専門性」「その2:網羅性」などが見出しになります。

  • STEP.3
    構成します
    STEP2で抜き出した見出しを見てコンテンツの構成を考えます。

     

    どんな順番で書いたら、ユーザーは読みやすいかな?わかりやすいかな?と考えて構成すると良いです。

  • STEP.4
    記事を書きます
    STEP3を元に記事を書いていきます。

最初は、1つずつ調べるのがリサーチにもなりますし おすすめですが、慣れてくると「もっと簡単にできないかな?」と思うと思います^^

KMCでは、ここに時間をかけずに簡単に見出しを抜き出せるツールをご用意しています。会員さんは制限なく使えますので、ぜひ活用してください。また、SEO最適化シートもご用意していますので、あわせてご活用ください。

その3:信頼性

いかにも素人が作りました!みたいなサイトだと、そもそも信頼してもらうことが難しいです。

そのため、デザインをきれいに整える必要があります。

WordPressでサイトを作る方は、テーマを設置することで簡単に綺麗なデザインにすることが出来ます。僕はこのサイトでも使っているSANGO(サンゴ)というテーマをおすすめしています。

詳しくはこちらをご覧ください。
WordPressとは?使い方や、おすすめテーマなど

また、ペラサイトを作る方は、サイト作成ツールのSIRIUS(シリウス)を使うと綺麗なサイトが簡単に作れます。

サイト作成ツールSIRIUS(シリウス)について

その4:オリジナリティ

コンテンツにオリジナリティがあるかどうかは、Googleが重要視していると言われています。

例えば、あなたが掃除機を買おうと思って検索したとします。1位から10位までのサイトに全く同じ内容が載っていたらどうでしょうか?必要ないですよね?

Googleは、検索結果にユーザーが必要としている情報を表示させることを大切にしています。なので、全く同じ検索結果ではなく、他のサイトにないオリジナルのコンテンツも織り交ぜて表示すると言われています。

では、どうやってオリジナリティを出すのでしょうか?

その2で『網羅性』について説明しましたが、1位から10位のサイトから抜き出した見出しを入れるとともに、そこには書かれていなかった内容を付け足すことで他には無いオリジナルのコンテンツに仕上げます。

ぜひ、その1からその4まで意識しながらコンテンツ(記事)を書いてみてください。