a

ASPとは?その仕組について

前回、アフィリエイトとは?では、私達アフィリエイターと企業の広告を繋げてくれるのがASPになります!とお伝えしました。

今回は、ASPとは?その仕組についてお伝えしていきます。

ASPとは??

ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)とは、商品を探しているアフィリエイターと広告主とを仲介する業者のことをいいます。

アフィリエイトを始めるためには、最初にASPに登録して自分専用の広告(アフィリエイトリンク)をASPから発行してもらう必要があります。

ASPは提携している企業(広告主)の商品をアフィリエイターに紹介してくれて、報酬の管理や支払いをすべて仲介してもらえます。

ASPを介することで広告主との契約など、面倒くさい手間が省け、たくさんの広告主と簡単に提携する事ができます。

また、広告主もASPを介する事で簡単に広告の依頼を出す事ができます。

ASPとは

ASPに発行してもらった広告(アフィリエイトリンク)を自分のサイトに貼り、お客さんがこの広告を経由して商品を購入すると、そこで初めて報酬が発生します。

アフィリエイト報酬は商品によっても違いますし、ASPによって扱っている商品も違います。

自分が紹介したい商品があるASPに登録するのがベストですが、たくさんの商品を扱っているASPもあるので、最初はそういったASPに登録してみるのがおすすめです。

アフィリエイトの成果の種類

アフィリエイト報酬が発生する仕組みは大きくわけてふたつあります。

クリック課金型
1クリック1円など、クリックされただけで報酬を得られます。
金額が大きくないので、たくさんアクセスのあるサイトやブログでないと大きな報酬を得るのは難しいです。
成果報酬型
サイトやブログに訪問した人がサイト内の広告から商品を購入した場合、購入金額の数%、または一定金額を報酬として得られます。
報酬金額はクリック課金型より成果報酬型のほうが大きいので、高い報酬が得やすいです。

アフィリエイトプログラムの中には自分で購入しても報酬がもらえるものも多くあります。

 

ASPの登録方法については、実践編で詳しくお伝えしていきます。

ASPの登録方法と使い方